« 埠頭の煉瓦積倉庫 | トップページ | 塗装の間合いに仮線路を敷く »

煉瓦倉庫の塗装と貨物ホーム

 機関庫で経験したので同様に煉瓦の色を塗り分けた。
全体的に赤茶に、柱梁部を黒っぽくしたあとポスカで全体をグレーにし、水性塗料の溶剤で拭き取ると目地が見え、全体的に汚れた雰囲気になる。
2020061601
蔦の絡まった雰囲気は、倉敷のアイビースクエアが有名だけれど、派手すぎる。

函館の煉瓦倉庫も冬以外は深緑に覆われているのがある。

赤く色づいたのも魅力的だが、煉瓦との色とかぶりそうなので緑にしたい。
平面的なので、
2020061602
モコモコ感を加えて、

2020061603
貨物ホームは古いM模型の石積みペーパーを使った。
平積みのものは使い果たしたのでひし形のものを使用したが、あまり違和感はなさそう。

調子に乗って、木造洋館の事務所が欲しいなあ。

|

« 埠頭の煉瓦積倉庫 | トップページ | 塗装の間合いに仮線路を敷く »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 埠頭の煉瓦積倉庫 | トップページ | 塗装の間合いに仮線路を敷く »