« 塗装の間合いに仮線路を敷く | トップページ | お気をつけください »

8620とC55の塗装

 38年間仕掛り状態だった8620に5日ほどかけて塗装まで済ませた。
12年前に格安のC57ジャンクキットにカツミのジャンク動輪を使ったC55も塗装まで済んだ。
何れもブレーキシューはドロップ製を使うので短絡事故に悩まされるので、後日とする。
後者は安全弁が行方不明なので新たに注文することになる。

8620といえば木津駅で入れ換えをしていた(1970年頃)88638か梅小路の48635が記憶に残る。
キットはS模型15周年記念のキットで当時としては格安だったが、昨年閉店した模型店で入手したものだ。
付属のナンバーは4種類あるが、いずれも、小寺さんの蒸気機関車の角度から引用したのではないかと思う選択である。
2020070203
88638は無いので、特定ナンバーではないが88650を選んだ。

R710の木製道床を走らせると、直線では問題はなく好調だが、曲線に入ってモーター、ギヤ音が大きくなる。
前進は通過したが、後進では第3動輪が脱線する。

このとき改めて気がついたのは、この木製道床は初期のフレキシブルレール(1978年頃)で、レール幅ゲージは13mmぴったりである。
つまりスラックは見込まれていない。(枕木長が長く30mm)
 一方、R610の木製道床は比較的新しいフレキシブルレールであるが、ゲージは13.2mmある。
他に新しいものは13.5mmのものも見られた。
また、キット本来のギヤーボックスは16.5mm仕様を少し削ったが左右動がほとんど無く、上下動にも支障があるように思われる。
りん青銅のバネが硬いのもあるが、イコライザーのほうが望ましいかもしれない。
ホイールベースも長く、C62等よりも中型機でありながら曲線には不利であるのを確認した。
比較的新しいフレキシブルレールなら問題ないのかもしれない。

2020070204

 オハニ61を連結したが五能線風に、デフ付きでないと。
前部の連結器も支障して曲線通過に問題があるのでimonカプラーに交換を要する。
2020070202

密閉キャブではないので北海道とはならないが宗谷本線風。
ナンバーの手持ちがないのでどこかでジャンクを探さねばならない。
2020070201

仕掛り蒸気も一段落し、D51戦時、自作E10を残すのみで、気動車、客車の塗装したら13mm製作を置きたいと思う。
さあ、調子に乗ってきたので気動車の塗装に戻ろうか。

|

« 塗装の間合いに仮線路を敷く | トップページ | お気をつけください »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塗装の間合いに仮線路を敷く | トップページ | お気をつけください »