« PCの電池交換 | トップページ | PC不調の連続 »

ブロニーポジのスキャンから

 10年前(2010年)の今頃は、リーマンの影響で週4日出勤となり、週の途中か週末に休みをもらって3連休になることが多かった。
例年10日~2週間近い夏休みも毎日、午前と午後に撮影に通った。

当時はデジタル1眼を手にしたが、あまり期待したほどの結果は出なかった。
ちょうど知り合った人とブロニーポジの価値観が一致したこともあって、3か月ほどの間に10本ほど消費した。
これ以降、長らく遠ざかっていた鉄道写真をポジフィルム(ブロニー、4x5)で撮影を再開した。

デジタル化できていないブロニーフィルムが400カット以上あり、スキャンするのを躊躇していたが眺めていると懐かしいこともあって60枚ほどスキャンした。
 なかでも6x12サイズのものは少ないが、鉄道写真には良好なアスペクト比(縦横比)である。
4x5をトリミングしても同じ結果を得られるが、コストは抑えられる。
露出を極力アンダーに抑えても、デジタル化の恩恵で救済できたものは少なくない。
そのなかから2枚ご披露しよう。

午後になるとあちこちで撮影していた仲間が数名集まり、日が暮れるまで田んぼの真ん中で話が弾む。

●485系雷鳥号
2010年8月末
Topcon_Horseman-VH、Super_Topcor90mmf5.6、RDP100(6x9)
日が暮れだしたころ、夕立の気配がして農業倉庫の軒先で雨をやり過ごした。
R0655
●特急日本海号
2010年8月末
ToyoField45A、Topcor120mmf5.6、RDP100(6x12)
日中は暑いが、日が傾くころには秋の気配を感じ、用水路の水の音が涼しげだった。
R0596

月末は当時の仲間とオンラインミーティングの話題が楽しみだ。

|

« PCの電池交換 | トップページ | PC不調の連続 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCの電池交換 | トップページ | PC不調の連続 »