« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

作図も終盤に近づく

 昨夜、カード会社からメールが来て、利用確認してくれと。
またあとででもと、カードを確かめたらこのカード会社使っていないじゃないか。
危ないなあ、騙されるところだ。
毎日、あやしいメールが来て惑わされるが、幸い事前に嘘だと気づいていたけど。

 月曜に新しいPCケースが届いた。
ATXサイズでは最小らしく、内部が狭くセットに手間がかかるらしいが、小さいので人気があるようだ。
幸い、同型の中古が少し安かった。

特に痛みはないが、使った形跡もなく箱に独特の匂いとケース底に若干のホコリがあったくらい。
たぶん店頭の見本品だったのだろう、エンブレムも取り付けず添付されている。

以前のケースはWindows98時代だから1998年に8000円程度で一番安いのだった。
当時はアイボリー色が主流で今は黒かシルバーが多い。

さすがに22年も使って、電源も3回交換して4個目だけどこれも5年ほど経過して替えどきだ。
半日苦労して組み立て、作図作業も順調に進んだ。

一段落してケース内を再確認したら、底にホコリが溜まっている。
このケースは前面吸気FAN、底面、横面、背面とFANを追加する余地がある。
ところが狭く、前面ファンが邪魔になりHDDが飛び出し、制約される。
前面ファンを外し後面へ移設(排出側)し、底面は厚紙で仮に塞いだ。
つまり、横面前面自然吸気、背面強制、電源排気とした。
付属のFANは静音ではないので少し気になるので止めてもよいか。
2020103001
どうしても旧PCの再利用した部品は色違いになってしまう。仕方ないなあ。
ちなみにキーボードは、WIN3.1時代のIBM、PS2タイプだ。25年、Windowsキーなし。
深くクリック感があるのが使いやすい。USB用もあるが浅くフニャッとした感覚がよくない。
USBも前面になり、オーディオ出力も、差し込んだのを判断して切り替えてくれる。

 DOS/vと言われた時代から25年ほど自分で組んだものを使ってきたが、不要部品が沢山あるので古ケースに装填したら1台分が出来上がった。
HDDも10台ほどあるので穴あけ処理して回収を頼むことにした。
それにしてもHDDの穴あけ、ステンレス板が固く、時間がかかる。
さあ、最後の図面を描いたら著作編集に入ろう。

| | コメント (4)

今度はWI-FIの故障

 早朝に目覚めて、PC周りの配線を整えたらスッキリしたが。

MacはWi-fi経由してWindowsと共有するので通信が遅いように感じる。
常用のノートPCはWi-fiのみなので仕方ないが、いまさら有線にはできない。

無線親機をPCの近くに移動し、最短でMACを有線接続しようと移設した。
ところがWi-fiの電波が見当たらない。ノートPCも接続できない。
ネットで親機の情報を探そうとしても検索できない状況だ。

とりあえず配線を戻しても、赤ランプが点灯状態で、初期化しても改善は見られない。
有線中継機能も無効だ。

幸い、デスクトップは有線接続なので対応はできた。
前回、ネット会社のレンタルルーターに無線機能が付属し、これが壊れたのは4年以上前だ。
すなわち今回のもそろそろ寿命と考えてよいだろう。
2020102701
無線親機が壊れるのは2回めだ。

なぜこんなに寿命が短いんだろう。
最新の速度の速いものを探して、夕方までに復旧したい。
今日中はWI-FI経由のLINEも使えない。

図面作図も順調だったのに、気持ちが下がってしまった。

| | コメント (0)

客車の図面作図に忙しい

 半月前は図面を描いても集中できず中断してばかりだった。
数日間調子よく作図が進捗して、毎日12時間超えの作業が続く。
判断が難しい箇所もおおよその推測ができて、完結しそうだ。

パソコンも新しくなり、突然のエラーも嘘のように無くなった。
一日、トラブルなしで再起動することもないことが多く安心だ。

気持ちを切り替えようと、1970年代のGS音楽を聴きながら客車を追いかけて写真を撮っていた頃を思い出した。
今回の題材(マヤ)は、私の鉄道生活とともにあったと言ってよいだろうし、憧れの恋人みたいなものだったし、涙が出そうになってきた。

2020102501

2020102502

主要な図面も描いたし、詳細なディテール図を描けば編集に入れるだろう。

| | コメント (0)

USBの移設

 急に寒くなってきて、セーターのうえに作業服を着込んでいる。

土曜日のオンライン報告会も無事に終わった。
想定したように、マイクの音量レベルが低いようでMAXにしたが効果がない。
数人で行う場合は相手方でそれぞれの音量レベルが異なり、バランスが難しいようだ。
自動的に調整してくれても、低い場合は無理なのだろう。

 一昨日、USB(3.0)の増設アダプターが届いたが、うっかりLOWサイズだったので、古いUSBバックパネルに穴を開け直して使用した。
同時に注文した「ATA-SATA変換アダプター」は2.5インチ用で間違えた。またやっちゃった。

一旦バックパネルに取り付けたが、接続が煩わしいので余っていたカードリーダの筐体を利用しプラ板で全面パネルを作って改造した。
USBの空きが3個になったので少し余裕ができた。
オーディオもと考えたが邪魔になりそうであきらめた。

2020101901
2020101902

USBが速くなったので、別付けのメモリカードアダプターは使わなくて良くなる。

著作も進捗し、往年の編成表と調査表を編集し、久しぶりのMACなので入力に手間取った。
2020101903


| | コメント (0)

パソコンの調子あれこれ

 デスクトップ(タワー型)の性能が向上し、ストレスが無くなった。
SSDのため起動は早くノートPCとほぼ同等だが、BIOS(今はUEFIとか言うらしい)の場面が出るのが煩わしい。
BIOSの設定を変更し、クイックブートを設定したつもりが、起動しなくなり慌てた。
どうも起動ドライブがRAID設定に変更されたようで、対象メディアが設定されていないので起動しないようだ。
初期設定に戻したが修復場面に入り、最終的には起動するようになったが数日前の設定の戻り、新しくインストールしたアプリが無くなっていた。
無闇に設定を変更するのは危ない。

 数日前にiVcamをインストールしてカメラとマイクの代用と考えていたが、残念ながら不具合が発生して使えなかった。
オンラインミーティングするために、音声はノートPCで、画面はデスクトップで併用した。

ドライブカメラ代用では古く転送速度の問題もあり画面が乱れ、主カメラとしては使いにくいのでヨドバシカメラからマイク内臓のPCカメラを注文した。
壁紙を2画面に広げると壮観だ。
左下にカメラ
2020101701

2020101702

画面は明るく美しいが音声のレベルが少々低いようで、最大にしなければならない。
今夜のオンライン報告会で試したい。

注文して行方不明だった、「マイクロスイッチ」が届いた。
10/2に届くはずだったから2週間遅れだ。
多くの人の手を経て届いた。コストが掛かってる。
 発送者=>配送業者=>受取者(誤配)
 受取者=>最寄りの日本郵政=>日本郵政東京担当=>配送業者東京窓口
最寄り配送業者=>配達員=> 到着(手渡し)

 配送担当者は手渡しで、お詫びの言葉があったが、非常に手間の掛かったことだろう。
誤配達すると如何に多くのコストが発生するのか。

2020101703
早速、トラックボールのマイクロスイッチを交換した。
右側だけのつもりだったが、組み立てると左クリックが動作しない。
あらためて左スイッチも交換したが動作しない。
 表面の銅箔が切れていたようで、ハンダが回らない。
何度かうまくつなぎ合わせたが、次回の交換はできないだろうと思う。

2012年2月購入
2015年頃、左SW交換(2個購入)
2018年11月、左SW交換(在庫使用);2回目
2020年10月、右、左SW交換(在庫なし)

たぶん、あと2年位で故障するだろう。(だいたい3年で故障するらしい)
ちょうど10年になるし、新規購入する時期だろう。

USBソケットの空きが1箇所しかないので、バックパネルに2個増設用の部品がまもなく届く。

模型の工作はしばらくお休みだが、客車の図面作図も調子に乗ってきた。
あと1ヶ月、12月には自費出版、新刊をお届けできると思う。

| | コメント (0)

1938年のアサヒカメラ

 昨今のコロナの影響もあるだろう、先頃「アサヒカメラ」が休刊になった。
まだ写真を始めた頃には時々購買したが、現像方法やカメラの知識はお世話になったが、一向に上達しなかった。

 押し入れには父が残した古い本が沢山あるが、雑誌などは廃品回収に出したがアサヒグラフ、毎日グラフも残っている。
それらは昔を思い出すには良い題材だけれど、なかには衝撃的な写真があったり、開くことを躊躇する内容のものもある。
処分したいが、捨てるのも惜しいが売っても値がつかないだろう。

 カメラ雑誌の棚を探してみると、1938年のアサヒカメラが出てきた。
もちろん内容の多くはモノクロページで、広告などは色刷りが混在している。
2020101704
内容はフィルムやフィルターの使い方を解説したものや、投稿写真だろう批評の頁がある。
自分が若い頃に撮影した写真よりも遥かにレベルは高い。

プロの写真家が撮影した作例があり、「石津良介」という名に引っかり、調べてみるとデザイナーの石津謙介さんの兄上、プロカメラマンだったようだ。
 水着のモデルさんは、外国のものもあるがビキニではなく、ワンピースの時代である。

作例のなかに海軍省の撮影のものがあった。
戦前に「土門拳」が海軍省の依頼で撮影した作品は美しく、私の好みだが、それとは違ってモノクロのシルエットが美しい。
2020101705
内火艇を見守る場面だろう。

好みとしては、内火艇がもう少し上方にあればもっと良かっただろう。

時間を見て、古い本を整理しなければならない。

| | コメント (0)

PCの更新

 先週注文した、マイクロスイッチ(2個800円)が届かない。
Amazonを使い始めて5年ほどになるがこんなことは初めてだ。
中華製の工具や部品を買うこともあるが、届かなかったことがない。たぶん日本郵政。
期日まで来なかったことはあるが、ある程度は許容しているので信用している。

 マイクロスイッチは送料無料を選んだのが原因だろうか、予定日当日の11:29に配達済みとなっている。
ところが当日に別のAmazon便が届いて、手渡しで受け取り、このときにもう1組ないか尋ねたがなかった。(13:00過ぎ)
同時に郵便箱を確認したが入っていない。
翌日も今日も届いていない。
昨夜、Amazonに連絡したが、発送業者は「配達済み」というだけ。
配達業者は「配送済み」で担当者も2日前のことなので確かなことはわからないと。

 以前、ノートPCをDELLから購入したら、配送業者が間違って、近所の同姓のお宅に配達したことがあった。
そのお宅の方が好意で届けてくださったのだが、先方も思い込みで蓋を破いてしまったらしい。
幸い、中身までは見えていなかったので受け取ったが、本来なら返品すべきだ。

 さて、今回はポストに投函するだけの手続きで、配達追跡番号はあるが確認まではされないしくみ。
誰かがリスクを負わなければならない。
Amazonからも迷惑は掛けないように言ってるが、どちらの業者も責任を取りそうにない。
なので、800円は諦め、他で買い直すことにしたい。
なんだか納得できないが誰かが折れなけりゃ仕方ない。

 土曜日にシリコングリスが届いたのでCPUを外して取付なおした。
ところが、ピーピー とも ピピピピ とも動く様子がない。
半日振り回されたが、CPUの温度が上昇して破損したのか。

 あきらめて部品を新品に交換することにした。
日曜日午後から寺町のパソコン工房とドスパラへ行ってきた。
1月末に電車に乗って以来だから9ヶ月ぶりだった。
電車の旅客も少なく、特に心配はなかったが、高島屋の食料品売場に寄ったら人が多く、欲しかった弁当がなく高価なものしか置いていなかったのであきらめた。 

 寺町のマルツ無線に寄りたかったが、いつの間にか閉店したそうだ。
困った、これからは日本橋まで足を延ばすしかないのか。

 取り外したマザーボード、CPU、メモリ(Core2extram、4GB)
2020100501

新しいマザーボード、CPU、メモリーに従来のグラフィックカード、音源カード
2020100502

PCを組み立てるのは2012年以来だから、電源の接続など時間を要した。
ATXタイプだが、以前のスペーサと同じだった。
メモリーは両側ではなく、片側は引っ掛けて、片側のみ締め付けるようになっている。

2時間ほど掛かって電源ケーブルの取り回しや、リムーバブルドライブの位置変更など。

Windows10のインストールは意外と速かったが、アカウントのの認証に手間取ったが無事起動する。
ケース、SSDは従来のままなので外観は何ら変わらない。
CPU、マザーボード、メモリで29,600円だった。
メモリは8GBと16GBで2,000円の違いだったので16GBとした。
グラフィックはオンボードで搭載するが、従来のカードを取り付ける。
サウンドも内蔵しているが、サウンドブラスターを装着する。
OSのインストールのあと、HDDx2とDVD-Rドライブを接続する。
22時には無事起動し一段落した。
新しいマザーボードのため、ATAインターフェースがなくなり、DVD-RドライブはUSB接続とした。

今朝から必要なソフトウェアをインストールして、概ね完了した。
CPUの温度は37℃で、ファンも静かだ。

データも取り出せるようになったので、次回のオンライン報告会の準備をしよう。

こんなことならもっと早く更新しておくのだった。

追記;
話の続きがありました。
配送業者から連絡があり、やはり誤配達だったようで、平身低頭でした。
受け取ったかたが何を思ったのか、郵便局に届けたようで、事務手続き上、1ヶ月ほど要するような。
発送者は代替品を送ると言ってるようだけど、二度手間になるしお断りし、気長に届くのを待つことにした。
忘れた頃に来るんだろうね。それまでトラックボール持つかなあ。

| | コメント (4)

PC不調の連続

 4連休あたりから過ごしやすくなったと思ったら、何もかも調子悪い。
1月から鼻がムズムズしていたのが7月ころに落ち着いたと思うと、10ほど前から朝方の調子が悪い。
日中、なにか作業してるとそう気にはならない。くしゃみが連続することがある。
稲の花粉なのか。

フィルムのスキャンも一段落したが、ブロニー(6x7,6x9)の結果が良かったので、調子に乗って100枚ほどスキャンした。
残り300枚ほどは別途。
左;今回(Epson)、右;12年前のスキャン(Canon)
他にも、N社製の高価なフィルムスキャナーより、今のフラットベッドスキャナーのほうが良好だった。
左シャドウ部が明らかに異なる。
2020100201

【2画面化】
そろそろ次の課題に入りたいが、気持ちが乗らないのでPCまわりの環境を整備し2画面とした。
普段使っていないMAC用ディスプレイを「HDMI」+「D-SUB」接続とし、Windows10を2画面とする。
三菱製液晶23インチは都合のよいことに入力3系統をリモコンで選択できる。
2画面、左が拡張画面(23インチ)、右は主画面(24インチ)
2020100202
いざ作図を始めるまで、気持ちが向くまで3日ほど要した。
デスクトップパソコンも不可解な動作が続く。

【トラックボールの不具合】
一般的な使用方法では左クリックが多いが、CAD作図ではエンター、連続する右クリックの頻度が多い。
2012年春から使用中のトラックボールでは過去に2度、左ボタンのマイクロSWを交換した。前回は2018年11月
今回は右ボタンの不具合で、多数回繰り返す場合に認識しない。
左ボタンと比較するとクリック感が弱いのが明らかだ。
2020100203
注)右ボタンはオムロンChina製、左ボタンはオムロン無印(前回交換)

在庫がないかと探したが見つからない。
寺町のマルツ無線だと1個100円くらいだから、2個買って電車賃を含めても700円くらい。
ネット購入だと100円以下のものだと送料含めると800円以上になってしまう。
1個400円のものが送料無料だったので2個注文した。(ただし互換品)
土曜日に届くのでそれまでの応急処置として、ボタン本体側の突起に紙テープ2枚重ねしてストロークを補った。良好

【不可解な動作】
 スキャンデータを「AdobeBrige」=>「Photoshop」に読み込むと途中でフリーズする。
再インストール前はこのようなことはなかった。
ほかにも、列挙すると。

・「AdobeBrige」=>「Photoshop」フリーズ
・Win10終了後、システムは終了してるが電源が切れない。または時間を要する。
・今朝起動時に、Bios起動画面で停止する。=>起動ドライブSSDが見えない。(起動ドライブがない)
・画像用ドライブ、M、Nドライブがエクスプローラから見えるが、アクセスを待たされる。5秒程度

起動しないのは論外なので
M,Nドライブの増設USBインターフェイスを切り離す
と正常に起動した。

●対処
・増設USBインターフェイス「PCI Express x16」を「PCI Express x1」に戻す。
※PCIが足りなくなり「Soundbraster」が使えないが、すでにUSBに変更済み。
2020100204
●結果
正常に起動し、システム終了時の電源も問題なく終了。
M,Nドライブが待たされることなくすぐにアクセスできる。
「Photoshop」読み込みもスムーズになった。
根本的にPCの寿命でもあるし、更新するじきでもあるだろう、もうしばらく様子を見て判断したい。

さあ、作図に励むことにしよう。

※追記

電源、CPUファンの音が気になるので分解してホコリを落としたら、少し静かになる。
ところがCPUヒートシンクを外したため、シリコンが硬化していたのだろう、放熱に支障がありそう。
CPU温度が危険範囲のあるようで警告がでている。MAX=85℃
Amazonで注文したので明日届くまで休止しよう。

それにしてもIntel純正のヒートシンク取付、何とかならないんだろうか。難しい。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »