« セキ1、ワム3500著作の在庫状況 | トップページ | Macminiの改善 »

旧型客車の床下機器の標準化を考える

 マヤ43形式の図面をトレースする過程で、他の形式シリーズはどうなのかとスハ32系~スハ43系までは台枠断面を描いている。
ここで今まで漠然と知っていた数値が、系列毎に少しずつ異なるのが判明している。
これについては次の著作で詳しくは考察したい。

 一番最初に真鍮製客車を自作したのは高校2年(17歳)だったと思う。
3ヶ月ほどで、
ナハネフ10、ナロハネ10、スロ51、スハ43、スハフ42、スハニ60、オハニ61
を箱状にしたが、床下機器が付いて塗装したのは10年ほど経過していた。

当時は車体断面の違いなどはしらず、一律に10系、43、60系と推測で決め、床下も組み立ての都度寸法を現物合わせにしたので、統一性はないし、市販パーツ(エコー製)などを適当に組み立てている。

後に、マロネ41、スロ62を自作、古いピノチオ製や谷川製のキットを追加したりしている。

これらの下回りだけでも新たに標準化し直し、今風のアップグレード出来ないか模索してみた。

単にスケール通り比較すると、中梁のレール面上寸法は1mmほど異なることがわかる。

2020112401

最低限、シリンダーと空気ダメを新たに作るとして図面を眺めると気づいたことがある。
オハ61系の空気ダメが細く長いことが判明した。
直径にして60mm、模型的には0.8mmほど細いわけだ。

もうひとつ、10系はシリンダーがワンサイズ細いのだ。

さてどちらに統一、収束スべきか。

そう単純には済みそうにないなあ。妥協しかないか。

そうだ、もう13mm作らないと言ってたじゃないか!!

|

« セキ1、ワム3500著作の在庫状況 | トップページ | Macminiの改善 »

客車」カテゴリの記事

コメント

市販部品としては・・・
エコーの「旧型セット」は、オハ35あたり。「軽量寝台車用セット」は10系寝台。60系用は・・・工房ひろのエアータンクパーツがありますね。一応、それっぽく作り分けて有ります。

投稿: 廣瀬 | 2020年11月28日 (土) 02時41分

 確かに、エコー製は私も使っています。
その他の部品は入手性が悪いし、使ったことないです。
 当時、メーカー不明のエアータンクが2種多量に在庫していて、シリンダーだけは既製品を使いました。

キット改造、自作含めると20両ほど在籍するので、取り付ける際に嵩上げする手段が煩わしい。

 13mmでも著名な方に相談したら、その点がネックで良い部品が安定して入手できないらしい。

OJのKCシリンダーを作ったので、サイズは小さくなるけど、横梁も含めて、標準ユニット化できないものかと模索中。
 まだ手をつけてない車両が10両近くあるので、何らか手段を考えないと完成しないし。

とはいえ、既製品でというのも・・・。

投稿: みつる | 2020年11月28日 (土) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セキ1、ワム3500著作の在庫状況 | トップページ | Macminiの改善 »