« マウスが壊れた | トップページ | 調子悪いことばかり »

オロ61形式を描く

 気候のためかよく眠れないので図面描きも気が進まない。

数日前、ピクトリアル別冊の「鋼製1等座席車」が届いた。
過去の記事と重複するが、このシリーズになってから写真も大きく、形式写真が豊富、カラーページもよい。

「特別二等車を探る」とは内容は被らないが、本編の誤記に気づいた。
P.29、図-8、スロ51他、255=>250mmが正解です。

さて、本著ではナロ10、オロ61は除外した。

3等級制から2等級制になったのが昭和35年6月からで、ナロ10は昭和32年、オロ61は昭和34年で活躍した時期は2等級制以降が主になる。
また手元の資料写真も乏しいのと、オロ61では仕様の異なるものが多くページ数が大幅に増えてします。
まあ、こちらの都合で省いたようなものだろう。

 「鋼製1等座席車」にはオロ61の写真も多く掲載されていたので、自分の頭の整理のつもりで描いてみることにした。
形式図を見ればオハ61と大きな違いもなく、下回りは台車を除けば配置は変わらない。(スロ62では変更されている)
実際には改造後の図面はないので、オハ61をそのまま描いたが、写真と差異は見られない。
2022070401
※7/18追記; オロ61形式は950L(アルミ)水槽で登場したようです。図は間違い
 朝8時から16時まで、7時間ほど要して描けた。

スロ60の端バリを利用したのでこれは間違いである。
種車のオハ61は昭和26年以降の改定で形状は異なる。

 模型では台枠横梁は省略したが、ここまで描くと再現したくなる。
空気溜めも60形特有の細長いものに交換したい。
模型を作るのはもう少し先の話だが。

これ、補足編にも載せようかな。
さあ、今日はどうしようか。

|

« マウスが壊れた | トップページ | 調子悪いことばかり »

客車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マウスが壊れた | トップページ | 調子悪いことばかり »