« 次のお題は | トップページ | 9600を作るー(1) »

古い動輪を再生する

 45年も前になるだろうか、友人から譲り受けた珊瑚製9600用動輪がある。
一旦、改軌したが満足に走行できず、数年前にも修理したが結局新品の動輪を入手し二つ目9600に使った。

先日入手したのは比較的新しい薄いタイヤの16番ようであるが、50年前の初期9600用はタイヤが厚い。

もうつかわないつもりだったが、次回改軌の前に古い動輪で試みた。

古い車軸は何度も抜き差ししたので甘く使えない。
Φ3の洋白棒から新たに挽きだした。

何度か失敗したが、3本目には手順がわかった。

2022100901

午前中半日で3軸、ギヤ付きはボックスがないので使えるあてはないが、とりあえず古い車軸を利用しギヤをそもままとした。
ゆるいので接着剤で固定した。
位相はジグが合わないので、目分量でとしたが。

仕掛の8800形式の台枠に3軸をロッドをつけたらうまく回った。少し振れはあるが。

2022100902

E10の台枠に4軸を取り付けたらこれもイッパツで転がった。
今まで何度も四苦八苦したのは何だろう。

2022100903

あとはギヤボックスをどうするか。

何だかこの古めかしい動輪を使用したくなったが、バックゲージが違うので悩ましい。

 

|

« 次のお題は | トップページ | 9600を作るー(1) »

9600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次のお題は | トップページ | 9600を作るー(1) »