« 9600を作るー(19) | トップページ | 9600を作るー(21) »

9600を作るー(20)

 テンダー周りを続ける。

9600形式には、初期の2軸テンダーの他、12立方が多く、北海道型でもよく見られる。
製造時の図面を見ると短軸である。

一方、標準的な6トンー13立方では長軸で、写真を見ても明らかだ。
過去に自作したものは後者なので長軸だったが、危うく12立方を長軸で作ってしまうところだった。

短軸で床板を描いた。
D50の20立方もだが、この当時のテンダーは水槽内に補強があり、床下に横梁が2本だけである。
キットではこの横梁も簡易に表現してある。

今回はT型の横梁としたい。

 通常のキットのように、炭庫の上板を固定するか、床板を固定して上板を取り外すか。
床板はt=0.4mmとした。

2022113001

後部の連結器座は座付きであるが、機関車前部とは異なるので自作しなければならない。
手間が掛かりそうだ。

|

« 9600を作るー(19) | トップページ | 9600を作るー(21) »

工作」カテゴリの記事

9600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9600を作るー(19) | トップページ | 9600を作るー(21) »