« 9600を作るー(12) | トップページ | 9600を作るー(14) »

9600を作るー(13)

 3日続けて通いの工作室である。
ちょっと、以前のように製作欲はないが、とりあえず何か作りたい。

今まで作ったことはないが、昨夜、煙室内部の図面を描いた。
いろいろ探してみても写真は見つからないようだが、古い図面におおよその図は確認できる。
D51のは過熱管寄があり、上半分はほとんど見えない。

ここに1冊の教習本がある。
友人の父上が現役時代に使われたもので、友人から頂いた。

2022110601

残念ながら1冊しかないが、ここにC57形式の煙室内部が描かれている。
いままで漠然としか知らなかった構造が解説されている。
残しておいてよかった。

2022110602

これを参考に図を描いた、煙管の本数は異なるが、C57と配置は似ている。
加熱管寄下部の覆いがわからないくらい。

円環の穴は100本近くあるだろう、片側は並びが乱れてしまった。

2022110603

このような具合で内蔵したい。

さあ、次はメインロッドを削ろう。

|

« 9600を作るー(12) | トップページ | 9600を作るー(14) »

工作」カテゴリの記事

9600」カテゴリの記事

コメント

改訂、改題後の「図説蒸気機関車」にも、同じ図が載っていますね。

投稿: railtruck | 2022年11月 7日 (月) 03時10分

”railtruck”さんご無沙汰しています。
2019年末大阪でお会いしてからですから、もう3年になりますねえ。

その図書にも載っているとは知りませんでした。
蒸気機関車に興味を持って50年になるのに、漠然としかしらず、今頃知るとは恥ずかしい。
 過熱管寄の下には反射板があるのでした。
8620の煙室の写真はありましたが、中は見えませんでした。
適当に作ることにします。

投稿: みつる | 2022年11月 7日 (月) 14時21分

またお会いしたいして素晴らしい作品を拝見できる機会が早く来てほしいものです。

投稿: railtruck | 2022年11月 7日 (月) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9600を作るー(12) | トップページ | 9600を作るー(14) »