« スロフ53を妄想するー(12) | トップページ | 三田から宝塚へ »

客車をもう1両

昨夜泊まったので、朝7時半から工作開始した。珍しく工作欲が旺盛だ。

 もう30年以上前に、中古で買ったピノチオ製客車が3両あり組立途中だが、床下梁は市販品を使っている。
昔、モデルワムから販売されていた、オハ61用他だけれど、今見ると配列が異なるし物足りない。

床板だけガスで炙って分解し、スロ60x2両、オロ61x1両あるが、オロ61を作り直すことにした。
床板取付アングルの高さは指定通りだが、今回の梁の仕様に合わせて組みなおした。

新しい梁も、スロフ同様に製作し組てた。凡そ3時間

昨年描いた図と並べると全長が異なるのと、床板の寸法が間違っているようだ。
スロ60用と同じものを共用しているのだろう。
両車の主要寸法を比べると同じだが、スロ60も間違っているのだろうか。

2023041501

2023041502

大横梁、小横梁の数がことなるが、オロ61のほうがよく目立つ。

2023041503

両方並行して、同時に完成まで持っていければ。

今日は疲れたのでここまで、自宅に戻る。

|

« スロフ53を妄想するー(12) | トップページ | 三田から宝塚へ »

客車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スロフ53を妄想するー(12) | トップページ | 三田から宝塚へ »