« 三田から宝塚へ | トップページ | スロ60の冷房化を妄想する(模型) »

スロフ53を妄想するー(13)

数日、工作室へ来れなかった。

昨夜から寒くまだ暖房が必要になる。

スロフ53他の小物部品を取り付ける。
左から自作スロフ53、ピノチオ製オロ61,スロ60近代化、スロ60原型
60近代化は冷房ハッチを撤去したのでベンチレーターが足りず、原型から1個いただいた。

現車は生涯、冷房化されず荷物車に改造されたが、冷房化されたと想像して改造する。

著作「特別二等車を探る」では、冷房化された場合を検証したが、当時実用化されていた装置は搭載困難なことは明確である。
そこで、天井風洞を使用せず、仕切り壁から冷風を吹き出す仕様として、ベンチレーター(通風器)はそのままとした。1個撤去
冷房ハッチは原形のまま、凝縮器装置は電気式、マイネ41相当のものを搭載するとして、妄想した。

2023042401

もちろん近代化は冷房関連設備は撤去として、近代化工事済み。
43-10以前(グリーンマーク無し)として、架空の1等団体列車として走らせたい。
5月の運転会には間に合わせたいが、機関車をどうするか悩ましい。
2023042402
荷物車と食堂車は、自作のマニ60とオシ17を充当する。

間に合うだろうか。

|

« 三田から宝塚へ | トップページ | スロ60の冷房化を妄想する(模型) »

客車」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三田から宝塚へ | トップページ | スロ60の冷房化を妄想する(模型) »