« トキ1000の配管捕捉 | トップページ | マニ37を考察する »

スロフ53を妄想するー(11)

 昨日は昼前から工作室に行ったが、しばらくブランクがあって手に付かない。
トキ1000のブレーキ機構の質問にお答えして立体図を描いて工作にはならなかった。

 夕食後、後片付けしてから工作室へ1泊した。

今朝は8時から工作室に入り、スロフ53の横梁の製作入る。

2023041201

真鍮1mm角が無かったので、0.8mmを使用した。
中梁に適当な材料がなく、真鍮角材1x2のを使うこととし、大横梁も1x2とした。
重ね合わせて、角に45℃に切り欠いた。
小横梁は、0.8mmとしたが、本来は山形鋼の板厚しか見えないわけだから、薄い真鍮板かアングルでよいが。
薄板だと歪むこともあり、角材とした。

2023041203

側裾の下に、大横梁がチラッと見える。

2023041202

機器はこのままでは高さが合わないので、所定の高さに合わせ小梁を取り付ける。

旧型の電池箱の在庫が無いので注文するか。
水槽は700Lタイプしかないので、本形式の900Lタイプを自作しようか。
それなら、キセが改良された新型にしようか。

2023041204

制動管と蒸気管は省略し、暖房装置の調整弁だけ取り付ける。

このあとの製作方針を決めなければ。

連結部の突当座の製作方法も考えなければ。

|

« トキ1000の配管捕捉 | トップページ | マニ37を考察する »

客車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トキ1000の配管捕捉 | トップページ | マニ37を考察する »