« 関西合運2023 | トップページ | オシ16(旧作)を改修するー(1) »

関西合運を振り返る

 昨年の合運は半日の参加だったので特に目立った体験はなかった。

今回は1日のみ参加で20人くらいの方とお話しした。
展示した「オシ17」「旧型客車」の話題は10人ほどお話ししただろう。
なかでも、自作部品についての質問が話題になった。

 私の客車の製作方法が自作によること、無い部品は自作しそのために資料をあつめ、調査すること。
幾つか質問を受けて、口頭では説明したけれど必ずしも意図したように伝わったかどうか。
別の記事でご披露しようと思う。少々お待ちください。

 年に何回か運転会、集まりに参加するが走らせることは少ない。
なるべく遠方から来る方に線路を譲るとして、話に参加することが多い。

過去の合運について振り返ってみよう。
【関西合運2022】
2回の開催が中止され、コロナ明けもあり参加者は少なかったように思う。
自作転車台を展示した。
こちらの記事参照
=>http://maine38.cocolog-nifty.com/blog/2022/10/post-c39e00.html

【関西合運2019】
石炭車とカーダンパー、美唄2号機(自作途中)を展示した。
多くの方がカーダンパーに興味を持たれたようで、雑誌の取材もあった。
=>http://maine38.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-90f4be.html


【関西合運2018】
初めての合運参加、1か月前から企画して展示場所も確保してもらった。
石炭ホッパーのセクションを展示し、沢山の方が興味を持たれたようだ。
雑誌の取材もあった。(ブログ記事は書いていない)
当日取材風景
2018_gouunn01

RM掲載の記事
2018_gouunn02

この当時は石炭車関連の製作欲が旺盛で、毎日15時間程度工作に励んでいた。

さて、次は質問があった部品工作を少しだけ明かそう。

|

« 関西合運2023 | トップページ | オシ16(旧作)を改修するー(1) »

模型」カテゴリの記事

コメント

鉄道模型社のC51,900型、Bタンク、等 完成させました。窓開いてない 四隅の見当のみで外形線無し 0、5mm厚のロッド切り出し、テンダー台車の切り出し、軸受の穴あけ、等書き出せば際限なく、2ヶ月程で完成しました。スムースに動いています。

投稿: Torikon | 2023年10月 1日 (日) 20時40分

Torikonさん
遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
C51、900型完成おめでとうございます。

私は半年、客車製作に没頭していて、まもなく自作9600再開したい。
来年あたり、自作9900のあとにエッチング板C51(19800)を製作よていです。

投稿: maine38(みつる) | 2023年11月 5日 (日) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関西合運2023 | トップページ | オシ16(旧作)を改修するー(1) »