« 中古屋さん徘徊(京都&日本橋) | トップページ | 梅田で飲み会 »

今年最後の茶話会

 ことしも残すところ数日となり、28日は梅田で13mmの友人と茶話会に行ってきた。
約束の時間までに余裕があったので、中古ショップ2軒を覗いたが収穫は無かった。

 13mmの仲間は京都では少なく、他府県のに多いので運転会など話せる機会が少ない。
工作が進まないときでも気軽に合って、工作談義、情報交換するのが楽しい。
いつもの客車談義はもちろん、改軌方法の要点も教えてもらった。

 コロナがあと撮影仲間と会う機会も少なかったが、春に3人で明治村に行ったほかは撮影に言っていないので顔を合わせていない。
3人で会うことになり、昼食会に集まった。
ファミレスで食事をして、友人の実家へお邪魔して3時間程写真談義や模型談義をしてきた。

 毎度話題になるのは友人の製作途中のC51であるが、いまだ行方不明らしい。
今回は古典車両が出てきたので披露してくれた。

10両ほど、半世紀前に自作されたペーパーモデルが、色褪せず保管されていた。

上回りはペーパー製で、手書きのレタリングもされ完成度が高い。
下回りは16番であるが、台車は真鍮片の積み重ねて組み立てられ、大きな乱れは無い。
僅かに発錆があるが、修復できる程度である。

今は時間がないので難しいが、近い将来、修復し13mm化して走らせたい。
残念なのはこれを索引する機関車で、自作900型は解体されたようだ。
このほかにも加悦2号機、6600型などを見た記憶があるが、現存しないだろうということだ。

実現できたなら、当方のB6か、もう一人の友人に譲渡した5500に牽かせたい。

私にはこの客車の由来はわからないが、「陸蒸気からひかりまで」にある客車だというのはわかる。
後方に数両の旧型電車がある。

2023123002

上回りはペーパーで、スジ彫がわかる。
トラスバー、真空ブレーキも装備されている。
台車は全自作、一つ一つ手ずくり感はわかるが、大きな乱れがない。
床板は真鍮製のようだ。

この頃最後に会ったのは1978年頃、だったが見た記憶がない。
箱の中で保護するために巻いてあったのは「asahiweekly 1977」の日付があった。

2023123001

写真談義も、模型談義も楽しかった。

さあ、模型製作に戻れるのはいつだろう。

|

« 中古屋さん徘徊(京都&日本橋) | トップページ | 梅田で飲み会 »

客車」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中古屋さん徘徊(京都&日本橋) | トップページ | 梅田で飲み会 »