« 古家での生活からおさらば | トップページ | 現地調査に立ち会う »

廃棄物の山

 昨日は自宅の3階から、電子ピアノを一人で降ろした。
こんなに重いとは思わなかった。
26年前、メーカーのおじさんが一人で階段を運んできたとき、そうは感じなかった。
帰り際にその作業員さんは、華麗な鍵盤さばきで曲を演奏してくれた。さすがメーカーさんだと思った。

88鍵、長さ1370mmで、全重量は37kgのようだ。
左右脚、背面底部、鍵盤部の4分割し、マットにくるんで、引きずるように階段を降ろした。
音階を発するか確認したが、音楽の素養がないのでわからない。
あとは知り合いにお任せして引き取り先をさがすことにした。
でも、マンションだと大変だなあ。エレベーターがないと男二人でも厳しい。

 ひとつ山場がすんで、工作室の書籍類を廃棄する段取りに入る。
永年父が集めた古本、歴史書や地図が多い。

懸案だった地図は引き取り先が見つかったので、明日発送する。
20240324_20240324185701
父の古本も、この10年見たことがほとんどなかった。
1割ほど残して古紙回収に出す。
やっと半分が終わった、押し入れにあと半分残っている。
古い写真アルバムは廃棄しかない。

鉄道雑誌を購入し始めたのは1970年頃だが、TMSは一桁号から集めたが、多くは知人に格安で譲った、
残るのは、1965年以降、1990年まで残っているが、同じく譲ったりして虫食いである。
もう一人の模型の相棒が残してほしい記事があると分別したので、それ以外は廃棄する。

とれいんの創刊~1980年頃は同様に廃棄する。
この10年見た記憶はないし、みるものは別に保管している。
28日に古着と一緒に古紙回収にお願いする。

20240324_20240325060501

さて、先日、母の和服を処分をお願いしたが、9着950円だった。
こんなことなら10年も残さず捨てるんだった。

明日一杯で古本処理をしたい。
捨てるのだから適当に紐で括ればよいが、つい、カテゴリーごとにまとめてしまう。性格かなあ。
今週いっぱい廃品処理が続く。

|

« 古家での生活からおさらば | トップページ | 現地調査に立ち会う »

模型」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古家での生活からおさらば | トップページ | 現地調査に立ち会う »