« 工作室を妄想する | トップページ | ブロック塀の撤去が終わる »

古家の解体は終了

 昨日は朝から解体作業に立ち会った。
1階北側、西側の壁だけが残り、北側を倒すところを見ることができた。
事前に土台と切り離されていたのだろう、見事に綺麗に倒れた。

2024051001

重機で部分部分を切り離しながら、モルタルを剥がし、鉄板、木部を分別していく。
重機の爪の先を見事に使いながら振り分ける。

2024051002

作業員さんから聞いたのは、西側壁の腐食個所、ベランダと思っていたが、雨戸の戸袋部分ではないかと見た。
2024051004
今朝9時からは囲いの撤去が始まり、午後から瓦礫を搬出して今日中に建物解体は終わる。
明日と来週前半でタイミングを見計らいながらブロック塀を解体する見込みである。

 昨日の午後はユニットバス、洗面、キッチンのショールームへ行った。
カタログ上で選んでいたので必要ないと思ったが、実際に見るとカタログとの違いを気づいた。
カタログでは実際よりは小さく、数十倍の面積の差があり、細かい模様に気づかないところもあった。
あらためてショールームの必要性は感じた。

不要なオプションや機能はできるだけ省いた。

 工作室の壁の色は再考することにした。
作業時に座る対面する壁はできるだけニュートラルな色にすべきか。
オシャレなんかではなく、実用一点張りである。
2024051003


|

« 工作室を妄想する | トップページ | ブロック塀の撤去が終わる »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工作室を妄想する | トップページ | ブロック塀の撤去が終わる »