『三十噸積石炭車セキ1を探る』の申込みについて

ご希望があれば、手元の数部をお分けします。送料をご負担ください。(5/10)
注文の受付を終了しました。(2019/04/30)

下記へメールで問い合わせください。

*** 注文、申込み方法 ***
下記宛にメールで申し込みください。
メール; maine37130@gmail.com
     折返しメールでお支払い方法、振込先、等ご案内します。
               鈴木 充(すずきみつる)

この度、『三十噸積石炭車セキ1を探る』を自費出版で配布します。
残部数; ー
配布価格;  2,500円(今回、送料は当方で負担いたします。(レターパックライトでお届けします。5冊まで)

残部なくなり次第、注文を終わります。


全ページ数; 54ページ
そのうち写真51枚、サイドビューイラスト31両、図版;2ページ
本書は一般書店や模型店には並びません。直接お申込みください。

※入金までに氏名、送り先住所の漏れがないようおねがいします。
住所氏名のないメールがあり、送付が遅れますのでよろしく!!

2019040301

***** 最新追加情報 ******
最新追加情報(2019/04/06)
***** 本書の概要******
 1960年代に道内の国鉄線から消え、炭鉱鉄道で余生を送っていたセキ1形式も1970年代にはほとんどが廃車になりました。
三菱大夕張鉄道で残っていた1両が現在も南大夕張で保存されています。
現役当時の記録写真も限られ、バラエティーに富んだ形態には不明な個所がたくさんあります。

●本文
1.オテセ9500形式の誕生からオテセ11000形式
2.セキ1形式への改番
3.改装による形態の違い
  オテセ9500~セキ1までを解説し、オテセ9500、11000の改造された姿をサイドビューーでご紹介します。
4.セキ1の形態を探る
  セキ1の国鉄~私鉄時代の25両のサイドビューをご紹介します。
  「セキ1形式形態分類表」では28両を対象に分類しています。
  「現役時代のセキ1」で、星良助先生から現役時代の7両の写真を提供いただきました。

Seki3a1_1

5.オテセ10500形式からセキ600形式へ
  オテセ10500~セキ600に少し触れています。
6.セキ1形式の構造を探る
 ・KCブレーキ装置
 ・台枠構成 
 ・開戸 
 ・外観
 など、図版で解説します。

Seki3a2

●オテセ9500形式組立図(二次車)
 不鮮明な原図からトレースし、インチ=>ミリ表記になおしています
●オテセ10500形式
 トレースした図をA4サイズで掲載しています。
●セキ1号車の詳細写真(35枚)
●その他石炭車(8枚)
現地取材した詳細写真と現役時代のセキ3000等を御覧いただきます。

Seki3a3

図面は縮尺=1/50(2枚)、サイドビューイラストは1/80(31両)としました。

 


コメント

この記事へのコメントは終了しました。