模型

塗装の間合いに仮線路を敷く

 8620とC55の部品が届いたら塗装をして、13mmの製作は一段落する。

気動車の塗装は、キハ05の緑を吹き付けたらリベット付きシルのマスキングが浮いてクリームに緑が吹き込んだ。
もう一度クリームの吹き直しとなる。
キハ17、2両のマスキングはキハ22での失敗を改善すべく検討するがマスキングが怖い。

なにか進めたいが手に付かないので、古い木製道床を修理して仮線路に改造した。

40年前の木製道床+フレキシブルレールは合板の劣化と度重なる改造でボロボロとなった。
欠落した箇所をシナ合板でパズルのように貼り合わせ、分割線路を合板で合体して90度4分割に仕立て直す。

木工ボンドで接着して合板の上からバイスで挟んで線路の起伏を整える。
土台は100mm巾としてプチシーナリー付きとした。
ここでグリーンのパウダーを使い果たしたので、新しく届くまでは仮線路として、「石炭ホッパーセクション」+「高架桟橋セクション」をコの字に連結した。全長9m
 計画外の組み合わせで無理な箇所はあるが、しばらくの間は石炭車の運転して遊びたい。

2020062202

D51ナメクジ本務+C62の重連急行列車風に配置した。(ニセコは本務、補機が逆)
2015年に取材したアーチ橋も利用できそうだ。
2020062204

C62を15号機として、寒地仕様にしたらニセコ風になるか・・・。
無駄な妄想をしている。

| | コメント (0)

煉瓦倉庫の塗装と貨物ホーム

 機関庫で経験したので同様に煉瓦の色を塗り分けた。
全体的に赤茶に、柱梁部を黒っぽくしたあとポスカで全体をグレーにし、水性塗料の溶剤で拭き取ると目地が見え、全体的に汚れた雰囲気になる。
2020061601
蔦の絡まった雰囲気は、倉敷のアイビースクエアが有名だけれど、派手すぎる。

函館の煉瓦倉庫も冬以外は深緑に覆われているのがある。

赤く色づいたのも魅力的だが、煉瓦との色とかぶりそうなので緑にしたい。
平面的なので、
2020061602
モコモコ感を加えて、

2020061603
貨物ホームは古いM模型の石積みペーパーを使った。
平積みのものは使い果たしたのでひし形のものを使用したが、あまり違和感はなさそう。

調子に乗って、木造洋館の事務所が欲しいなあ。

| | コメント (0)

埠頭の煉瓦積倉庫

 先週月曜から40年前の仕掛、8620を組立ている。
年月を経て黒ずんでいるし、組立の歪もあるがとにかく速く塗装まで持ち込みたい。
蒸気機関車の角度は参考になるが特定番号となると足りない。
配管を見ても頭が混乱して、適当にでっち上げる。

足りない部品を手配して時間があるので、煉瓦機関庫を改造してみる。

昨年、5500のお立ち台として安価な機関庫プラモデルを改造した。
http://maine38.cocolog-nifty.com/.preview/entry/103b1fa090b8ac678c6711d4bea0388f

このプラキット、日本型には背が高すぎるのと、線路間隔が広いのでそのままでは違和感がある。
この改造で半分は使ってしまったので、残材でできるのは単線機関庫になる。
単線の煉瓦積機関庫の例は少ないし、埠頭の倉庫に改造したい。

 国鉄100年の映画の撮影で、横浜埠頭で撮影された黒岩さんのカラー写真が印象的だ。
横浜の倉庫は模型化するには大きすぎ、2階建てにするには容易には実現できそうにない。

 製作途中の高架桟橋(石炭)のセクションに貨物ホームを計画していたので設置することにした。
適当な合板が出てきたので、2辺にホームを設け、倉庫の3面だけの構造とする。
残材を切ついだが、微妙な隙間が出て前回のようにはいかないが。
2日間で切り継ぎ、塗装まで終えて屋根は付属の部品を使用するかどうか検討したい。

 改造の過程で煉瓦積倉庫の画像を調べた。
近畿地方では、舞鶴港に海軍倉庫が保存されている。
敦賀港にも数年前に保存されたが、鉄道施設としてではないようだし。

倉庫街は小樽の運河が有名だが、石積倉庫がほとんどだ。
函館には煉瓦倉庫が多く保存されているが、これも鉄道に付帯するものは見られない。
コンクリート倉庫でホームの跡が残るものが見られたので、参考とした。
屋根を貼れば倉庫内は見えないが、2mm角プラ棒でそれらしくトラス構造を組んだ。
引張側にトラスを配置したが正しいのかどうか怪しい。
水平ブレースは交差すべきだが、省略した。これでも剛性が増し安心した。

2020061402

背景を設置したらお立ち台、撮影だいとしても利用できそうだ。
2020061403

不足していた部品も届いたので、塗装もまもなくだ。
次はC55の完成に近づけたい。

| | コメント (0)

レールを撤去する

 今週は早朝から作業服に着替えて工作が続く。
最近は蒸気機関車の塗装が多く、単色塗りなので比較的問題はないが、気動車の多色塗りになると順番に悩む。
 下塗り=>クリーム=>グレー=>グリーン(上、下)
の順と想定しているが、クリーム色まで塗ったところで実車との違いに気づいた。
 クリーム色4号(特急気動車用)では色が濃いことで、紀州鉄道で撮影した80年代の色では白に近いクリーム色だ。

カラー写真が少ない中で、90年代のキハ603ではクリーム色4号に近いように見える。
どうみても赤っぽい。
 とりあえず4号のまま、グリーンを重ねて、最後にクリーム色1号にするか悩んでいる。

 塗装の時間待ちに廃線となったレイアウトのレールを撤去することにしたが・・・。
これが片手間にと思ったが、本気モードに入り2枚のパネルのうち1枚の解体が終わった。
今朝は疲れから起きるのが遅くなった。

Imag0546

2枚のパネルから撤去した、廃線、ポイントマシン、たったこれだけだ。
 スパイク(犬釘)は錆び、塗装の固着で抜くのは固く、バラストに埋まったスパイクが見分けられない。

およそ2時間を要して半分が終わった。
Imag0548
フレームは初期の太いものとは違い、比較的軽量になっていて、最近の標準的な構造とになっている。
パネル上面だけ剥がせばフレームは再利用できそうだ。
約2.3mに納まるか。

 さて塗装の続きに入りたいが、念の為、もう1日放置して、手順を再検討しよう。

| | コメント (0)

B6を復活する

 騒動が始まる前から、1ヶ月に1~2度市内へ出て会合に加わるくらいで、基本的に家に籠もっていて生活に大きな違いはない。
買い物に行く機会も大きく変わらないが、出るのを先延ばしにして4~5日は出ないことが多い。

普段から他人と会うことも、話すことも少ないが、2月以降に1ヶ月に1回程度しか合うことはない。
家族もなるべく合わず、玄関で済ませる。

 GWに入ってからオンライン運転会、茶話会を週に1~2度開催している。そういう意味では以前より他人と話す機会は増えている。
2020051701
夫々のメンバーとも普段からはLINEやメールで連絡することが多いが、オンラインで話を交わすことが面白くなっているようだ。

 昨夜も夕食のあとから4人でオンライン茶話会を開催した。
撮影グループなので過去の撮影ネタで盛り上がるが、そろそろネタが尽きてきて、撮影時のエピソードや、未公開の画像を発掘したり。
当方は1年以上撮影に出かけていないし、必然的に模型ネタになってしまう。
いずれのメンバーも模型には多少関わりがあるので無茶なリクエストが出ることもある。

 45年前に13mm化したB6(2120)が2両あるが、動力装置に問題があって休車状態である。2両ともバッファー時代をイメージして、空想の塗装になっている。
機会があるごとに、「走らないのか、〇〇風にしてほしい」などの要望が出てくる。
 思いついたようにB6(マルーン)を分解しようとしたら、上下を締めているネジが固着して分離できない。
下回りは無塗装で、洗浄が十分でなく鉄製ネジ(メッキ)が腐食して緩まないようだ。
ネジ頭をドリルで落としネジを切り直し、下回りは洗浄し新たに塗装し組みててる。
 本来は縦型モーターを交換用CN20を取り付けてあるが、ウオームが行方不明である。
ピッチの合うものを取り付けようとしたが、そうするとモーターが運転室に接触して組むことができない。2020051702
結局は縦型モーターのまま再組み立てして復活した。少々ラビットスタート
ブレーキてこ、シリンダーを追加したいと思っていたがとりあえず現状とした。
もう1両(グリーン)も代替モーターを探したいが、適合するものが見当たらない。
MPギヤー用のCN16を捻出してもよいが、少し手間がかかりそう。しばらく休車のままになるだろう。

鉄道部屋(工作室)で1日のほとんどを過ごすようになって楽しい。
さあ作業服に着替えて出勤である。

| | コメント (0)

乗降場セクション周り

 乗降場を設置して、草を撒いた。
銅線をひねって幹を作って、フォーリッジクラスターを貼り付けるがボリュームが足りない。
要検討である。
 グリーンのパウダーは使いっきって、無着色が1袋残っているので着色できないか試みる。
古い皮革用染料の黄、赤色が残っていたので染料にパウダーを放り込んで、新聞紙の上に放置した。
明日乾いたら樹木に降りかけて紅葉が表現できないか試してみよう。

20200515012020051502

乗降場にはやはり気動車が似合うようだ。

工作室、つまり鉄道部屋に毎日12時間ほど居る。
さあ次は・・・。

| | コメント (0)

乗降場を作る

 13mmを始めた頃、篠原製ポイントはなくフレキシブルレールのみ入手してお座敷レールを敷いた。
お座敷用に直線900mmを巾100mmの路盤に固定して、バラストは散布してある。
 当時のフレキシブルレールは枕木が長いのが判明し、使う機会もなく20年ほど放置してある。
レイアウトが無くなり、鉄道部屋で簡単に走れるかと車両を載せたら、手を加えてセクションに仕上げようと考えた。

 巾100mmなので両脇僅か30mmほどの余裕しか無いので、設置できるものは限られる。
当時はカラーパウダーは手に入らなく、丸のこのおが屑や鉛筆削りで角材を削ったカスを使った。
着色は庭から採取した葉っぱや、皮革用染料を使って染めた。
 それから40年経過し、色は抜けて冬景色のように枯れている。

 そこで思いついたように乗降場のホームを作った。
細切れのレールから図面描かず、適当に裁断して曲げた。
寸法を揃えたつもりだったが、直角曲げに誤差でばらつきがでた。
やはりジグを作ったほうが良かったか。

 切断、切り欠き、曲げ、組立で2時間ほど要した。
2020051401
午後から黒、白と塗装して、残っていた板をボール紙の裏打ちをして組み立てる。
2020051402
まだ駅名が入っていない、なんと命名しようか。
鉄道部屋で時刻表を見たり、1.8mの線路で小運転を楽しみたい。
短いスノーシェッドやハエタタキ、キロポストを建植して、線路脇に深い茂みを作ってみよう。

| | コメント (0)

廃線の日

 昨夜は新たな別メンバーの参加で運転会を開催した。
さよなら運転は済んだが、最後にD50+旧客、D51+混合、気動車を運転して終わった。

そして廃線の日を迎えた。
2020051102

バラストの撒いていない路盤は木ねじを緩めて取り外す。
駅セクションは2分割にして部屋の隅へ仮置する。
いずれ近い時期にレール、ポイントマシンを取り外すことになる。
2020051101
部屋を一通り整理し掃除する。

今後は路盤を利用して、石炭ホッパーセクション、高架桟橋セクションを連結するか。
それともレールを再利用してローカル駅を作り直すかは今後の検討課題としたい。

| | コメント (0)

サウンドボックスで遊ぶ

 以前からKATOのサウンドボックは持っているが、高速時の音が実感的でないのと、コントローラーの相性が良くないので使用していない。
昨日のさよなら運転でサウンドボックスをアンプに接続してバックロードホーンのスピーカーに接続すると低音が出て実感的であることに気づいた。
プリアンプの音質を変化すると若干、ドラフト音が変化する。
 手持ちのフェーズシフタを繋いだが、音が出ない。壊してしまったのか。

もう1台、キットのパラメトリックイコライザーを挟んだら、高音のシュワシュワを消したり、高音を強調できることがわかった。
ドラフトが単調なので、遠くから手前に来るときにイコライザーを変化するとより実感的になる。

ただし特性上、汽笛に変化は期待できない。
C56,C12の音には効果がなかったが、標準の音源カードでは良い結果だと思う。

 

追加
サウンドボックス単体の音声
焦点が固定モードなので鉄橋にあっている。
美唄2号機が築堤を登る

峠を超えたら絶気します。

| | コメント (0)

さよなら運転

 週末には別メンバーからオンライン運転会のリクエストがあり、それを目処に解体入る予定である。
駅セクション部分を撤去し、エンドレス半分を残し、石炭ホッパー、高架桟橋セクションを連結する構想である。
 駅部の構想はしているが、解体したレールの再利用で工作の簡略化で期間も短縮できそうだが、諸事情を考慮し、材料の入手にもうすこし時間を要する。コンセプトも吟味し、近い将来に考えたいが、仮設で、恒久的レイアウトにはならないだろう。

 最終運転には数日あるが、実質的に運転を楽しむのは最後で、一人「さよなら運転」を終えた。
9600+D51重連で30周ほど問題もなく走行した。
2020050801
D51本務機+・・・・+9600で後部補機を試したが予想通り貨車が脱線した。
貨車が軽いこともあるが、同期していないことが原因だろう。
D50本務機+・・・・+D51だとそれなりに支障はないようだ。
友人から変則的な連結のリクエストを試みたが思わしくない。
田川線の9600重連、お尻同士を連結した列車が見られたが、D51+9600ではテンダー同士がショートして不可である。絶縁が必要。
20200508032020050804

D51+D50同士は支障ないようだが、ポイントの整備不良で異線侵入で脱線する。
従台車もバック運転には望ましくないようで、伯備線のD51バック運転同様問題がある。
新しい駅セクションで改善を望みたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧