図面

USBの移設

 急に寒くなってきて、セーターのうえに作業服を着込んでいる。

土曜日のオンライン報告会も無事に終わった。
想定したように、マイクの音量レベルが低いようでMAXにしたが効果がない。
数人で行う場合は相手方でそれぞれの音量レベルが異なり、バランスが難しいようだ。
自動的に調整してくれても、低い場合は無理なのだろう。

 一昨日、USB(3.0)の増設アダプターが届いたが、うっかりLOWサイズだったので、古いUSBバックパネルに穴を開け直して使用した。
同時に注文した「ATA-SATA変換アダプター」は2.5インチ用で間違えた。またやっちゃった。

一旦バックパネルに取り付けたが、接続が煩わしいので余っていたカードリーダの筐体を利用しプラ板で全面パネルを作って改造した。
USBの空きが3個になったので少し余裕ができた。
オーディオもと考えたが邪魔になりそうであきらめた。

2020101901
2020101902

USBが速くなったので、別付けのメモリカードアダプターは使わなくて良くなる。

著作も進捗し、往年の編成表と調査表を編集し、久しぶりのMACなので入力に手間取った。
2020101903


| | コメント (0)

パソコンの調子あれこれ

 デスクトップ(タワー型)の性能が向上し、ストレスが無くなった。
SSDのため起動は早くノートPCとほぼ同等だが、BIOS(今はUEFIとか言うらしい)の場面が出るのが煩わしい。
BIOSの設定を変更し、クイックブートを設定したつもりが、起動しなくなり慌てた。
どうも起動ドライブがRAID設定に変更されたようで、対象メディアが設定されていないので起動しないようだ。
初期設定に戻したが修復場面に入り、最終的には起動するようになったが数日前の設定の戻り、新しくインストールしたアプリが無くなっていた。
無闇に設定を変更するのは危ない。

 数日前にiVcamをインストールしてカメラとマイクの代用と考えていたが、残念ながら不具合が発生して使えなかった。
オンラインミーティングするために、音声はノートPCで、画面はデスクトップで併用した。

ドライブカメラ代用では古く転送速度の問題もあり画面が乱れ、主カメラとしては使いにくいのでヨドバシカメラからマイク内臓のPCカメラを注文した。
壁紙を2画面に広げると壮観だ。
左下にカメラ
2020101701

2020101702

画面は明るく美しいが音声のレベルが少々低いようで、最大にしなければならない。
今夜のオンライン報告会で試したい。

注文して行方不明だった、「マイクロスイッチ」が届いた。
10/2に届くはずだったから2週間遅れだ。
多くの人の手を経て届いた。コストが掛かってる。
 発送者=>配送業者=>受取者(誤配)
 受取者=>最寄りの日本郵政=>日本郵政東京担当=>配送業者東京窓口
最寄り配送業者=>配達員=> 到着(手渡し)

 配送担当者は手渡しで、お詫びの言葉があったが、非常に手間の掛かったことだろう。
誤配達すると如何に多くのコストが発生するのか。

2020101703
早速、トラックボールのマイクロスイッチを交換した。
右側だけのつもりだったが、組み立てると左クリックが動作しない。
あらためて左スイッチも交換したが動作しない。
 表面の銅箔が切れていたようで、ハンダが回らない。
何度かうまくつなぎ合わせたが、次回の交換はできないだろうと思う。

2012年2月購入
2015年頃、左SW交換(2個購入)
2018年11月、左SW交換(在庫使用);2回目
2020年10月、右、左SW交換(在庫なし)

たぶん、あと2年位で故障するだろう。(だいたい3年で故障するらしい)
ちょうど10年になるし、新規購入する時期だろう。

USBソケットの空きが1箇所しかないので、バックパネルに2個増設用の部品がまもなく届く。

模型の工作はしばらくお休みだが、客車の図面作図も調子に乗ってきた。
あと1ヶ月、12月には自費出版、新刊をお届けできると思う。

| | コメント (0)

A3プリンターが壊れた

 解体する予定だったレイアウトも少し延命して、機関車も整備し直して快調に走れることが確認できた。

KATOのDE10は平坦線では快調だが、曲線の勾配部で脱線する。
曲線時に首を振る台車と枕バネ(固定)が接触して、首振りを制限されているために動輪が浮き上がるようだ。
線路の整備で改善も期待できそうだが、無駄な時間をかけるつもりもないのでここまでとする。

3mのUSBケーブルが入手できたので、第2カメラのポジションも自由がきいて、いままでと違った画面を工夫できそうだ。

昨日、工作用の図面を印刷しようとしたら打音がして紙が排出される。
カバーを開けると、タイミングベルトが切れて印刷ヘッドが左位置で停止している。
タイミングベルトが切れているのが明らかであるが、固定している根本の部品、弾力のある樹脂部品左右2箇所が破断している。
左右を比べると、片側の破断面は時間経過しているようで、すでに昨年末には破断していたように思われる。
2020043001
 2012年正月から使用し始めたので9年目で、ペーパークラフトの試作で大活躍したし、当時13,500円でだったので修理するまでもないだろう。(HP製、カラーインク3色の消費が速いので主にモノクロ用として使用)後継機は15,000円で買えるようだ。

昨年4,12月の著作販売時にモノクロ1000枚近く印刷している。

普段の工作用図面は線も細く、黒線がクッキリでるのと印刷速度が速く使い勝手は良好で、ヘッドの往復に動作音が大きのが残念だった。

とはいえ、もう1台写真印刷用のキャノン製A3プリンタで代用できる。
しばらく様子を見て、今後を考えたい。

| | コメント (0)