貨車

ディテール記事について

 お気づきの方もあるかと思います。
PCの場合、左、カテゴリー(オエ61~ワ12000)に該当する記事について、現在は非表示になっています。
2016年の秋から2年半、多いときは毎日約400アクセスありました。
非表示になってからはおよそ半分、200アクセスを下回っています。
再度表示して続けていくのが理想だとは思います。

同時に、ココログの仕様が変更になり、これら記事のレイアウトが乱れる事象が発生しました。
上記ディテール記事を元に戻すには多くの労力が発生することになりそうで、躊躇しています。

一方、これら記事を編集して、紙面、自費出版するようなことを構想しています。
実現できるかは身近な方からのご意見も拝聴したいと思っています。
まずは、拙著「三十噸積石炭車を探ぐる」を状況を見て判断しようと考えます。

| | コメント (0)

客貨車関係資料

 工作が一段落したので図面を描いて編集しています。

もう6日間、延べ60時間ほど掛かっているでしょう。
およそ8割がた描けたので次の作業に入ります。
詳しいことは時期が来たらご紹介したいと思います。
 
 手持ちの資料に「客貨車関係令達類集」とよばれ、検査に必要な規則を抜粋し配布されるものです。
私が所有しているものは現役時代に廃棄予定を譲っていだいたもので、昭和36年12月の日付があり、必要のつど改定版の差し替えが行われています。
規定のなかには昭和20年代から30年代のものが多いですが、昭和一桁の通達なんかも掲載されています。

2019022500_2

この黒表紙はおよそ600ページほどで、趣味的に興味があるのは僅かですが、思わぬ資料が出てきます。
 偶然ですがこのようなものが出てきました。
『貨車用「担バネ」の基本負担力其の他の件』と示されている通達です。
昭5.11.18 達987

2019022501_3

これだけ見ても何にも参考になりませんが、図面のない部品など、基本的な寸法、数値が示されているものがあります。

2019022502

この表には各種担バネの主要数値が掲載されています。
昭和9年のものなので、いわゆる2段リンク貨車に該当するものは記載されていません。
図面がなくとも、これである程度の大きさ、反りなどが判明します。

2019022503_2

先般の担ばねの製作には間にあいませんでしたが、次回から活用できるものと思います。

他には、貨車用水平テコの各種寸法を示した図表がありました。
またいろいろ活用したいと思います。
来月入るまで、しばらく工作はお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)