ワム90000

ワム90000

有蓋車のワム90000形式である。
吹田工場の配給車に何両か居たが、この1両だけしか撮影できなかった。
新製時から2段リンクのグループだろう。
ワム50000形式からの改造のようである。(2017/06/19追記)
側梁=軸箱守に補強がある。(※1)
ブレーキ機構はワム50000形式と同じと思われる。
この頃は、水平テコと縦テコの間には引棒の代わりに自動スキマ調整器が装備され、検査周期途中でも制輪子のスキマを調整してくれる。
新製時は装備されていなかった。
またワム230000改造車によっては、引棒、SAの寸法が異なる場合があるようだ。
模型ではそこまで気にする必要はないだろう。

●外観
車号; ワム93411号車
撮影日;1980年3月

L011530_2

●番号板

L011529_2

●側ブレーキテコ
暗くわかりにくいが、軸箱守にアングル状の補強がある(※1)

L011533_2

L011531_2

●側ブレーキ軸

L011534_2

●水平テコ

L011536_2

L011535

●制動主管・締切りコック・チリコシ

L011532

完結

| | コメント (0) | トラックバック (0)