オロネ10

オロネ10-(2)

オロネ10の床下を見ていただこう。

友人たちと各駅停車の旅の途中で、時間的制約から細かくは撮影できていない。
●SLホテル
車号;オロネ102016号車
撮影日;1981年6月26日
撮影場所; 野辺山SLホテル
廃車後比較的新しいが、くもの巣や蓑虫などぶら下がっている。ご容赦願う。

●台車、発電機水タンク

B060003

B060002

B060004

●水タンク、電暖
水タンクから出ているのは凍結防止の配線だろうか。

B060007

●ディーゼル発電機
3PK-9Aである。(オハネ、オハネフは4PK-9A);3シリンダ/4シリンダ
右側の電池手前が燃料タンクである。(150Lだと思う)

B060005

●空気調和装置
AU31である。
20系客車のAU20,21とは良く似ているが大きさが異なる。AU20代は2機搭載

B060006

右奥の三角形状のは床上~室内へのダクトである。
このユニットクーラーで凝縮~送風まで完結している。

●空気調和機、A制御弁
ダクトの形状がよくわかる。

B060009

ユニットクーラーの裏側は金網状、ラジエターで温度が上昇すると水を吹きかけるノズルが上部に設置されている。
キーストンプレート、横梁がわかる。

B060008

完結

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オロネ10-(1)

実車、ディテールの話題もながらく離れていて、3ヶ月ぶりである。

貨車もおおむね出尽くして、外観ぐらいしか見当たらず、そのような画像も皆さんがお持ちのようであるし整理がついてからお目にかけよう。
(1/12、画像を追加しました。)
 枚数が多く、事前の整理に多くの時間を要するため、内容は薄いがご覧いただこう。
 
旧型客車、「オロネ10」である。
●急行「きたぐに」
車号;オロネ102036号車(大ミハ)
撮影日;1982年10月
撮影場所; 京都駅
Camera; TOYO-FIELD_45A、FUJINON_150mm_F5.6,RDP
 
1982年11月ダイヤ改正で急行「きたぐに」から10系客車寝台が廃止になる際に毎週末に通った。
今なら大騒ぎになるだろうが、堂々と2番線ホーム先頭に大型三脚を据付、大判写真機を設置してもなんら、お咎めはなかった。
好きな車両だが、乗車することはできなかった。

S5028a

●急行「越前」
車号;オロネ102079号車
撮影日;1982年9月27日
撮影場所; 金沢駅
下車まもなく発車したため流れてしまった。

B123007

●急行「きたぐに」
車号;オロネ102039号車(大ミハ)
撮影日;1982年10月24日
撮影場所; 大阪駅
外観の痛みが激しい。

B132008

●急行「きたぐに」
車号;オロネ102067号車(大ミハ)
撮影日;1982年10月9日
撮影場所; 大阪駅

B1329007

※1/8、3枚追加

B1329006

●車端部

B130003

B130004

●急行「まりも3号」
車号;オロネ10506号車
撮影日;1982年6月8日
撮影場所; 釧路駅
この前夜はオハネ12に揺られて一晩を過ごした。

B091008

床下、空調へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)